syg_hira's tech memo

windows server関連のTipsのおぼえがき

Disable and enable ipv6 Interfaces on Windows Server 2008 R2(修正版)

ネットワークアダプタのプロパティで、IPv6を無効にしても、6to4などのトンネルインターフェースは有効なまま。
ホスト自体はIPv6のアドレスを持ったままになってしまう。
実害はほとんどないと思うが、IPv6のアドレスを管理するのが面倒、ということもあるので、Windows Server 2008 にて、ipv6インターフェースを完全に無効化する方法。

Windows で IPVersion 6 またはその特定のコンポーネントを無効にする方法
1.レジストリを設定する
2.OSを再起動する
※インターフェースの無効→有効では反映されない。

OS再起動後、ネットワークアダプタのプロパティをみると、コンポーネントIPv6チェックボックスはONのまま。
でも、以下で、IPv6無効化を確認。

  • netsh interface ipv6 show interface して、IPv6はLoopbackトンネルインターフェース以外が表示されないことを確認。
  • ipconfig /all ですべてのアダプタにIPv6アドレスが割り当てられていないことを確認。


設定コマンド

New-ItemProperty -Path "HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters" -Name DisabledComponents -Value -1 -PropertyType DWord -Force
$Ret = Read-Host -Prompt '再起動が必要です。今すぐ再起動する場合はY、後で再起動する場合はNを入力してください'
if ($Ret -eq 'y') { Restart-Computer }